太田雄貴が日本人初のIOC選手委員になれた理由 室伏広治ですら3度落選、男子エペ金が追い風に

スポーツ

  • ブックマーク

“東京五輪でトクした人ランキング”があるとしたら、この人が第1位ではないか。

 東京五輪開催中に行われた国際オリンピック委員会(IOC)選手委員の選挙で日本人初の当選を果たしたフェンシングの銀メダリスト、太田雄貴氏(35)だ。...

記事全文を読む