【徴用工訴訟】三菱重工の債権差し押さえを認めるも、「取引相手は三菱重工ではない」と驚きの展開に

国際 韓国・北朝鮮

  • ブックマーク

差し押さえはどうなる?

 戦時中、三菱重工業の軍需工場で女子勤労挺身隊員として働いた韓国人ら4人が同社に損害賠償を求めた訴訟で、韓国の最高裁に当たる大法院は1人あたり約750万~1400万円を支払うよう命じた。2018年11月のことだ。その後、三菱重工は賠償に応じず、原告側は裁判所に同社の債権差し押さえを申請していた。そして今月18日、裁判所が、韓国の機械メーカー・LSエムトロンが三菱に支払う商品代金のうち約8000万円の差し押さえを認めたことが明らかになったのだが、「実際の取引相手は三菱重工ではない」という驚きの申し入れが当の韓国メーカー側から浮上したのだ。...

記事全文を読む