「辛ラーメン」で知られる韓国即席麺メーカーから基準値超えの有毒物質 「親日売国企業だから」の声

国際 韓国・北朝鮮 2021年8月17日掲載

  • ブックマーク

EUでリコールや警告対象に

「辛ラーメン」で知られる韓国即席ラーメン業界最大手の「農心」から発売されている「海鮮湯麺(ヘムルタンミョン)」と同じく大手の「八道」による「ラッポキ」というラーメンから、有害物質が検出された。一時、発がん性物質が検出されたと報じた韓国メディアもあったが、実際にはそうではなかった。もっとも、この2社が製造したラーメンの一部がEUで定められている基準値を超えていたことに変わりはなく、現地では今も規制が敷かれているという。羽田真代氏によるレポート。

 ***...

記事全文を読む