1軍出場なし「楽天オコエ」復活なるか…学ぶべき“2人の先輩”の姿勢

スポーツ 野球 2021年7月27日掲載

  • ブックマーク

後輩の鈴木誠也と自主トレ

 パ・リーグで首位を争う楽天だが、高い期待を受けながら、燻り続けている選手と言えば、真っ先にオコエ瑠偉の名前が挙がる。2015年の夏の甲子園では、攻守にわたる大活躍を見せ、その年のドラフト1位で楽天に入団。1年目にはいきなり開幕一軍を勝ち取り、22安打をマーク。翌年は39安打、3本塁打を放ち、打席数は少ないとはいえ、打率3割を記録するなど、順調なプロ生活をスタートしたかに見えた。だが、その後は故障もあって低迷し、昨年はプロ入り後初となる一軍出場なしに終わると、今年も左手首の手術を受けて、大きく出遅れて二軍暮らしが続いている。...

記事全文を読む