U-24日本代表が勝利のウラにメキシコの慢心 南ア戦とは違った レフェリー

スポーツ 2021年7月27日掲載

  • ブックマーク

久保の先制弾

 電光石火の先制点だった。

 ***

 開始6分、右SB酒井宏樹(31)のタテパスに抜け出した右MF堂安律(22)が右サイドを突破。マイナスのクロスを送ると、後方から走り込んできたMF久保建英(20)が左足アウトサイドでGKギジェルモ・オチョア(36)の手の届かない左上に先制点を突き刺した。...

記事全文を読む