「子の連れ去り」被害を訴えるフランス人男性 国立競技場前でハンガーストライキを開始

連れ去り 我が子に会えない親たちの告白 国内 社会 2021年7月12日掲載

  • ブックマーク

 いよいよ開幕が近づく東京五輪。その開会式の会場となる東京・千駄ヶ谷の国立競技場前で、フランス人男性が「子の連れ去り被害」を訴え、ハンガーストライキを開始した。「死んでも構わない。国際社会を動かし、我が子に再会できるまで続ける」と語る男性の覚悟とは――。

 ***...

記事全文を読む