日テレ「ウチのガヤ」終了へ 人気番組に見切りを付けた日テレの考え

エンタメ 芸能 2021年7月12日掲載

  • ブックマーク

 火曜深夜の人気バラエティ番組「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ)が9月いっぱいの終了が決定した。MCのヒロミとフットボールアワー後藤輝基が、50人もの“ガヤ芸人”たちを捌いてゲストを掘り下げる、ひな壇トークバラエティで、人気も定着している。それでも終了するのは、コロナ禍で大勢の出演者をスタジオに集めることが困難なため、というのはもちろん表向きの話……。

 ***

「ガヤ」は15年から特番で放送され、17年4月からレギュラー化された。その後も年に数回のペースで、豪華ゲストを招いたスペシャル版が放送されている。

 この番組で、霜降り明星やEXIT、フワちゃんといった“お笑い第7世代”と呼ばれる芸人はじめ、チョコレートプラネット、Mr.シャチホコ、りんごちゃんなどもブレイクするきっかけとなった。なのに、なぜ終了するのだろうか。日テレ関係者が言う。

「番組スタッフはゴールデンタイム枠への進出を狙っていましたから、終了を知らされて落胆しているそうです。それでも『ガヤ』はとにかくスタジオに集まるタレントの数が多過ぎた。緊急事態宣言は解除されたとはいえ、コロナ禍はまだしばらく続く。いつまた宣言が発出されるかも分かりません。これ以上続けるのは難しいと……」

 とはいえ、コロナ禍は今に始まったことではない。

第7世代の終焉?

「コロナ禍はあくまで表向きの理由でしょう。日テレ上層部は、番組の使命は終わったと判断したようなのです。確かに『ガヤ』をきっかけにブレイクした芸人は多いし、彼らがMCを務めるレギュラー番組もどんどんできた。むしろ、最近はお笑い芸人ばかりで食傷気味に感じているようなんです。たしかに第7世代ブームも落ち着きましたし、お笑いブームも一段落したと……」

 個人視聴率が計測されるようになり、日テレは独自に男女13~49歳を“コアターゲット”として設定し、この世代の視聴者を狙って視聴率を取りに行く戦略を立てた。以来、日テレはブームの先読みが早いと言われる。

「コア層は購買層ですから、彼らが見てくれなければ、CMを流しても意味がありません。コア層が見ている番組だからスポンサーは広告料を支払ってくれるのです。そこでお笑いブームもあり、若手のお笑い芸人たちを多数起用したわけです。彼らの人気に陰りが見えれば、次を探すしかありません。最近の若い視聴者の関心が高いのは、インフルエンサーですね」