“天井サーブ”を生んだ「猫田勝敏」 ミュンヘンの奇跡を生んだ、タクシー運転手の一言(小林信也)

  • ブックマーク

 1972年のミュンヘン五輪、バレーボール男子日本代表に胸躍らせた世代なら、誰もが一度は、“天井サーブ”を真似した経験があるだろう。

 下手から天井に届くほど高々とボールを上げ、敵のリズムを崩す幻惑サーブ。“世界一のセッター”と呼ばれた猫田勝敏の代名詞だ。...

記事全文を読む