都議選「自民敗北」で思い起こされる「2009年政権交代」 深層レポート 日本の政治(222)

国際 Foresight 2021年7月5日掲載

  • ブックマーク

誤算だった小池氏の動き

「自公で過半数との約束を実現できなかったことは謙虚に受け止めたい。自民都連と党本部が連携しながら、冷静に期間を置いて分析したい」

 菅義偉首相は選挙戦から一夜明けた7月5日朝、首相官邸で記者団に、苦い表情を浮かべながら、こう語った。

 自民内では、6月25日の告示前まで「圧勝するのは間違いない」「議席倍増となる50議席は固い」との声が支配的だった。

 2017年の前回選挙では、自民が戦後最低の23議席となり、49議席(追加公認を含めて55議席)を獲得した都民ファーストの会の前に惨敗。...

記事全文を読む