ビートたけしが恩人バンダイ相手に泥沼訴訟 映画の著作権を巡り

エンタメ 芸能 週刊新潮 2021年7月8日号掲載

  • ブックマーク

たけしにとって「大恩」がある会社

 ビートたけし(74)が、自身の監督作の著作権を巡り、バンダイナムコグループの「バンダイナムコアーツ」を相手取って訴訟を起こしたことが明らかになった。なぜ、長らくビジネスを共にしたパートナーともいえる会社を訴えることになったのか――。

 ***...

記事全文を読む