ステージ4を宣告された公務員の障害者が選んだ道 自分の営みを自撮りする映画が上映

エンタメ 映画 2021年6月22日掲載

  • ブックマーク

生まれつきの四肢軟骨無形成症

 スキルス性胃がんで、ステージ4を宣告された相模原市役所に勤務する障害者が選んだ道とは。6月25日から、東京都・吉祥寺のミニシアター「アップリンク吉祥寺」で封切られる異色のドキュメンタリー映画「愛について語るときにイケダの語ること」に込められたメッセージを製作者が語る。

 ***...

記事全文を読む