事件現場清掃人は見た 孤独死した70代男性の“遺品ノート”を見て分かった意外な素性

国内 社会 2021年6月22日掲載

  • ブックマーク

 孤独死などで遺体が長時間放置された部屋は、死者の痕跡が残り悲惨な状態になる。それを原状回復させるのが、一般に特殊清掃人と呼ばれる人たちだ。長年、この仕事に従事し、昨年『事件現場清掃人 死と生を看取る者』(飛鳥新社)を出版した高江洲(たかえす)敦氏に、シェアハウスで亡くなった70代男性について聞いた。...

記事全文を読む