白内障の負担を軽減、最先端のレーザー手術とは 手術費は5万円で日帰りが一般的

ライフ 週刊新潮 2021年6月17日号掲載

  • ブックマーク

 白内障は、カメラのレンズのような働きをする水晶体が白く濁り、透明性が失われてしまう目の病である。混濁によって外部からの光が遮られて視力が低下する。大きな原因は加齢で、水晶体内のタンパク質が異常に凝集することで起こる。

 ...

記事全文を読む