「東芝」車谷前社長追放劇の続編は「解体ショー」 “物言う株主”との対立関係はなおも続いたまま

ビジネス 企業・業界

  • ブックマーク

アクティビストとの対立関係

 4月、「東芝」の車谷暢昭(くるまたにのぶあき)前社長が部下たちに経営者失格の烙印を押されて辞任した。後任には綱川智(さとし)会長が復帰したが、株主に名を連ねる外資系ファンドや“物言う株主”との関係修復や、6月下旬の株主総会対策といった課題が高い壁となり、そびえ立っている。

 ***...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。