“シロップ入れますか?”の隠語で酒提供、会員制も増えて… 新宿ゴールデン街の今

国内 社会 2021年6月14日掲載

  • ブックマーク

 5月末からつづく緊急事態宣言は6月20日で解除され、以降は東京都などでの「まん延防止等重点措置」をとることが検討されている。だが、酒類の提供は引き続き禁止される見通しだというから、飲食店には厳しい状況が続きそうだ。

 そんななか、東京・新宿の「ゴールデン街」では“隠語”を使ってアルコールを提供する店も現れ始めた。『東京女子サバイバル・ライフ 大不況を生き延びる女たち』(コスミック出版)などの著書があり、夜の街に詳しい作家の酒井あゆみ氏が取材した。

 ***...

記事全文を読む