国内最高の「純利益5兆円」でもソフトバンクGは全然安泰じゃない理由

ビジネス 企業・業界 2021年5月25日掲載

  • ブックマーク

「10兆円でも満足しない」

 ソフトバンクグループ(SBG)の2021年3月期の連結決算(国際会計基準)で、純利益が4兆9879億円に達したことがわかった。世界的株高の追い風を受けたことで、ファンド投資先の含み益が膨らみ、国内企業として過去最高の純利益を記録した。だが、SBGが手掛けるベンチャー企業投資で全て成功するのは不可能であり、同社の経営は「一寸先は闇」(金融機関幹部)とも言われる。孫正義会長兼社長が目指す「継続的に利益を出す仕組み」への道は険しそうだ。...

記事全文を読む