巨人「菅野」はコロナに翻弄され、“2度の離脱”でメジャー不安視。彼女にもフラれ…

スポーツ 野球 2021年5月24日掲載

  • ブックマーク

 コロナに人生を翻弄された人は多いが、球界では何と言ってもこの男であろう。昨年、開幕13連勝の金字塔を立て、メジャー行きが確実視されていた巨人・菅野智之(31)。コロナ禍で渡米しても登板できないリスクを考え、巨人に残留したものの、蓋を開ければメジャーリーグは大盛況。日本では、公私ともに絶不調で……。

 ***

「違和感」から拡がる「重傷説」

「さすがに2度目の離脱ですから、厳しい見方が拡がっています。彼は7年前にも、右肘靭帯の部分損傷を経験していますが、今回も同じ肘。当然、メジャー球団も今回の故障を重く受け止めていると思います」

 こう語るのは巨人の番記者である。5月7日、「右肘の違和感」のため、4回で緊急降板した菅野の状態を不安視する声が高まっている。3月30日の「脚部の違和感」に続く2度目の離脱。しかも、当初、首脳陣が「1回飛ばしですぐ戻る」と言っていたにもかかわらず、戻ってくるはずの21日に姿を見せなかった。

「『違和感って何なんだろう』って話になっています。違和感だけで、2週間も離脱するなんて変な話じゃないですか。骨なのか、筋肉なのか、まったくわからない。あえてふわっとした表現で誤魔化している節があるんですよね。原監督はじめ首脳陣も『大丈夫、すぐ戻ってくる』みたいなことを言うんですが、逆に怪しいなって」(同・番記者)

 もっとも成績自体は立派なものである。6試合投げて2勝2敗の防御率1.93。だが、

「本調子の菅野じゃないという見方をする人もいます。制球がイマイチで“逆球”も多い。マウンド上で首を傾げることも度々あり、本人も納得していないんじゃないか」(同・番記者)

次ページ:本来ならば今頃メジャーで……

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]