中国当局からスパイ容疑で116日間拘束された「在日華僑」 “恐怖の取調べ”と“真の狙い”を語る

国内 社会 2021年5月21日掲載

  • ブックマーク

精神的な拷問

「王は何を言ったのか」「王と会話したのは何度か」……。延々と続く取り調べの中身は鮮明に記憶している。「彼らは王毅さん(※註1)のことを『王は……』と呼び捨てにし、日本での言動を徹底的に洗い出そうとしていた」――こう証言するのは、岡山県華僑華人総会の劉勝徳(りゅう・かつのり)会長(75)だ。(ジャーナリスト・吉村剛史)

 ***...

記事全文を読む