なぜ世論調査でトランプ支持者の50%は“ワクチン接種しない”と回答したのか

国際 2021年5月17日掲載

  • ブックマーク

 バイデン米大統領は就任後、矢継ぎ早に政策を実施している。

 4月29日にロイターが公表した世論調査によれば、富裕層増税や最低賃金引き上げを含めたバイデン大統領による富の再分配提案について、米国民の過半数が支持していることがわかった。バイデン大統領が施政方針演説で、レーガン大統領が約40年前に提唱した「トリクルダウン(企業や富裕層に減税などを実施すれば、富める者が富んで貧しい者にも自然に富がこぼれ落ち、経済全体が良くなる)効果」を「米国でこれまで一度もうまくいっていない」と批判したことについても、全体の過半数が同意した。...

記事全文を読む