浜ちゃんが鷲見アナに「お前の乳は……」 番組スタッフの気苦労が増えるご時世で

エンタメ 芸能 2021年05月14日

  • ブックマーク

松ちゃんのほうが気を遣う

「実は、浜田さんは編集に口を出すタイプではありません。どのコメントを使うか、カットするかはスタッフ任せ。なにより、彼は『バラエティ番組は見ない』と語っていますから、どんな形で放送されたのかも知らないかもしれません。一方、松本さんは容姿イジりなどの発言は多くはないものの、笑いへのこだわりが強く、ギリギリの線で笑いを作るタイプですから、編集にも口を出します。スタッフにもお笑いの偏差値の高さを求められますから、気を抜けません」

 スタッフにとっては、松ちゃんのほうが手がかかるということか。そういえば「ワイドナショー」(フジテレビ)でも、聖火ランナーで芸能人の辞退が相次いでいるという話題を取り上げた時の、彼の発言も話題を呼んだ。

松本:これだけ辞退辞退って、いろんな人が辞退しているのに、常磐(貴子)さんを入れない忖度が、僕はちょっと気持ちが悪い。

「スタッフはもちろん常盤さんも辞退したことを知っていたが、松本さんの元カノということで敢えてリストから外したのでしょう。しかし、番組中に松本さんはそれを自ら指摘しました。本当なら、この発言もカットしたかったかもしれませんが、それはできなかったわけです。松本さんは大手事務所のネタを取り上げなかった時にも、『おかしい』とはっきり言います。そうしたことが多いのは、松本さんと『ワイドナショー』スタッフとの間に齟齬があるからでしょう。これまでにも指原莉乃に対して“体を使って”発言がネットで炎上したこともありますが、松本さんにとっては想定内だったと思います。スタッフは松本さんの意図した笑いをカットすることがないよう、同時にBPO(放送倫理・番組向上機構)の審議対象とならないよう、細心の注意を払いながら編集を続けることになるのです」

 ビートたけしはかつて“笑いは差別”と明言したこともある。お笑いくらいで神経質になるのはよくない。

デイリー新潮取材班

2021年5月14日掲載

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]