小泉進次郎 出馬前のレア・ショット 順風満帆な彼に何が起こったのか?

国内 政治

  • ブックマーク

「プラスチックの原料って石油なんですよ」
「30年後の自分は何歳かな」
「瀬戸内海のごみで、国産スニーカーを製造したら」

 あれやこれやの迷言(名言?)を集めた「まとめ記事」が、ネット上で大賑わいの小泉進次郎氏。ほんの少し前までは「総理になってほしい政治家No.1」の呼び声も高かったが、2019年9月、安倍晋三内閣で環境大臣として男性最年少入閣(当時38歳)を果たすと、さっそく迷言が飛び出していた。いわく「気候変動のような大きな問題は楽しく、かっこ良く、セクシーであるべきだ」???

 ***

議員になる前にすでに「迷言」が

 2009年8月、衆議院選挙で民主党が圧勝。それが3年3カ月にわたる自民党下野時代の始まりだったが、この時、初当選を果たしたのが、当時28歳の小泉進次郎氏だった。

 写真はその年の5月、父・純一郎氏の引退を受けて出馬する3カ月前のレア・ショットである(2019年1月、週刊新潮別冊「さよなら平成」掲載)。くたびれたインナーにブレザー、ジーンズ、「全身ユニクロ」といったファッションにネックレス、ビニール傘、手にした携帯はガラケーと思われる。バイト先へ急ぐ非正規の若者といった風情だが、この夜、彼が向かったのは自宅近くのステーキ店だった。

 議員になってからの華々しさなど微塵も感じ取れないが、その「弁舌」が巧みなのは当時からのようだ。記事にはこう書かれている。

〈「ETC割引が千円になった」

「遠出するなら電車よりも車が得だ」

 と、ワイングラスを片手に党の景気対策を知人にプチ自慢。元首相の御曹司とはいえ、初出馬を前にのんびり肉など食っていていいのか心配になる〉

 後に「気候変動」のような「大きな問題」を国際サミットの大舞台で論じるようになる進次郎氏だが、このときは横須賀の“あんちゃん”に過ぎなかったのである。何しろ、話は「とても小さかった」のだ。

 国政選挙は、進次郎氏にとっても初めての経験。上手に演説できるか、周囲は気を揉んだそうだが、選挙戦も中盤に差し掛かると、〈澱みなく言葉が出て、アドリブさえ交えるようになった〉という。記事では地元支援者の、「進次郎は、我われが助けなくても勝手に成長していく」とのコメントも紹介していた。

次ページ:自民党大逆風の中で

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]