「Money Money Money」でせめぎ合う米ツアーに感じる虚しさ 風の向こう側(94)

国際 Foresight 2021年5月8日掲載

  • ブックマーク

 米ゴルフ界のスター選手、リッキー・ファウラー(32)の成績不振が深刻化している。

 新コーチを付けてスイング改造に着手して以来、ファウラーのゴルフはすっかり乱れてしまっている。

 今年4月の「マスターズ」には、ついに出場が叶わなかった。世界ランキング(5月2日付け)は116位まで下降しており、目前に迫った「全米プロ」(5月20~23日)も6月の「全米オープン」(6月17~20日)も出場資格を満たしていなかった。

 そんなファウラーに全米プロの主催者である「PGAオブ・アメリカ」が特別招待をオファーしたら、たちまちSNS上で批判の嵐が巻き起こった。...

記事全文を読む