コロナ禍が追い風2022年フランス大統領選「“極右”ルペン勝利」の現実度

国際 Foresight 2021年5月7日掲載

  • ブックマーク

 フランスの大統領選挙まであと1年。4月11日付のフランスの『ジュルナル・デュ・ディマンシュ(JDD)』紙は、出馬候補を10パターンに仮定して大統領選に関する世論調査を発表した(内容は「フランス世論調査研究所:IFOP」の調査)。その結果は、いずれの仮定でも、第1回投票では現職のエマニュエル・マクロン氏(得票率23~28%)と極右政党「国民連合(RN)」党首のマリーヌ・ルペン氏(同25~27%)が伯仲している、というものだった。

 もっともフランスの大統領選挙は2回投票制で、第1回投票で過半数をとった候補がない場合には、上位の2名が残って2週間後の第2回投票で雌雄を決する。...

記事全文を読む