小室さんの長すぎる説明文書 危機管理のプロならA4判1枚にこうまとめる

国内 社会 2021年4月15日掲載

  • ブックマーク

 どこまでが想定の範囲内だったのだろう。眞子さまの婚約者、小室圭さんが4月8日に発表した「経緯説明」を巡って、報道、議論、井戸端会議が止まらない。

 テレビ朝日の名物コメンテイター、玉川徹氏は文書を読んだうえで、小室さんのお母さんの元婚約者について「人間としてというか男として、僕だったらこんなことない」とコメント(4月13日)。元婚約者や男女平等にセンシティヴな人ならば気を悪くしかねない発言だが、こういうスタンスはどちらかといえば少数派。...

記事全文を読む