鬼滅の刃に続き今年2度目の旭日旗騒動 ジャスティン・ビーバーのジャケット柄に異議申し立て

国際 韓国・北朝鮮 2021年4月15日掲載

  • ブックマーク

妻への愛を歌ったバラードで

 世界的人気歌手であるジャスティン・ビーバーが、約6年振りにテレビ朝日のミュージックステーション(4月9日放送)に出演。その際に身につけていたジャケットの柄が旭日旗を連想させるとして、一部の韓国民を大いに刺激したのだった。幾度となく繰り返されてきた光景である。

 ***...

記事全文を読む