文在寅の検察ウルトラ改革が効果発揮 自身や側近は罪を犯しても処罰されない超法規的存在に

国際 韓国・北朝鮮 2021年4月14日掲載

  • ブックマーク

憲政史上初の「裁判官弾劾カード」

「罪を犯しても処罰されない階級」――。文在寅(ムン・ジェイン)政権4年目の韓国で存在感を増している言葉だ。大統領の周辺や側近で不正疑惑に巻き込まれた人物がいたとしても、その後、誰一人として処罰されていない状況を指している。実際に処罰を試みた尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検事総長は大統領府と与党、そして法務部の集中砲火を浴び、「職務中止」の懲戒を受けた。一方、尹氏が起訴した大統領府や政権に近い容疑者の追起訴を引き伸ばしているソウル中央地検長は、次期検事総長の候補に挙げられている。...

記事全文を読む