最年少「徳島女性市長」と「男性記者」の奇妙な関係 地元の書店から消えた週刊新潮

国内 社会 2021年4月5日掲載

  • ブックマーク

「本日発売なので10時オープンの徳島駅の本屋に10時10分過ぎに行きましたが売り切れでした」

 目下、編集部にはこんな声が寄せられている。なんでも、阿波踊りで知られる徳島県で、「週刊新潮」(4月8日号)の完売書店が続出しているというのだ。異例の「局所的売り切れ状態」が発生したのである。
...

記事全文を読む