反日不買と選択的不買に熱狂する韓国、横行する「選択的・合理的理由がない人種差別」

国際 韓国・北朝鮮 2021年4月2日掲載

  • ブックマーク

外国人にPCR検査義務付けでひと悶着

 選択的不買、選択的反日にいそしむ韓国で、選択的人権差別が続いている。昨年、ソウル市は外国人を除外して新型コロナウイルス緊急支援金を支給し、このことで国家人権委員会から改善勧告を受けた(良し悪しは別として、日本は基本的に住民登録している外国人には10万円を給付した)。さらに今度は外国人に新型コロナウイルス感染症のPCR検査を義務付ける命令を発令したのだが、「差別だ」という批判を受けて修正を余儀なくされた。もちろん、こうした命令にもそれなりの理屈はあるのだろうが、「人権派」を自称する文在寅政権下で、合理的な理由がない選択的人種差別が続いているのは皮肉な話である。...

記事全文を読む