モンスターペアレント化が危ぶまれるキンタロー。 SNSに向かないタレントの共通点

エンタメ 芸能 2021年3月19日掲載

  • ブックマーク

 キンタロー。さんといえば前田敦子さんのモノマネだ。当時はあっちゃんファンから大バッシングを受けたようだが、二人はよく似ている。顔ではなく、不安感が強いという性格のことである。あっちゃんは子育て中にパニックを起こすと語ったことがあるが、キンタロー。さんも我が子のことで大騒ぎしてプチ炎上が起きた。愛娘の“ちびキン”ちゃんが、預け先で頭部にケガを負ったというブログがきっかけである。「ショックすぎる。。。」と言うタイトルで、「いっきにメンタル下がっ」たと不安をつづっていた。

 娘を案じる愛情と動揺が伝わってくる。ただ、「もっと預ける時に説明すれば良かった」、さらに「なんで外なのに手を離したのか頭の中モヤモヤ」「どんな状況だったのか話を聞いても何で?」と納得がいかない様子を連続して投稿。娘の心配以上に、預け先を暗に非難しているのでは、と批判が殺到した。キンタロー。さんは翌々日に、謝罪と釈明のコメントを出す事態になってしまった。

 ブログでは、「不安」「♯落ち込み」「不甲斐ないです」と、自身の心配性な性格を強調していた。そもそも、彼女のファンが読者層の中心である公式ブログである。理解者が多いと感じていたからこそ、つい赤裸々に書いてしまったのだろう。まだよちよち歩きの我が子が、頭にケガを負ったら心配するのは当然だ。読者コメントも、ほとんどがキンタロー。さんと娘さんを気遣う内容だった。子育て中のママや保育士からは、「気持ちはよくわかるが成長過程でケガはつきもの」「ケガするたびに落ち込んでいては身がもたない」「保育士も心を痛めているだろうし、誰も悪くない」と、前向きに励ます声が多く寄せられていた。

 娘さんがケガを負った時、預け先からはすぐ連絡と謝罪があったという。患部を冷やして病院に連れて行くなど、対応に落ち度はなかったことも明らかになった。ただキンタロー。さんは、それでも気になるものは気になるし、不安が抑えきれなかったと記している。どんなに騒ぐほどではないと言われても、私は不安。心配性な性格だし、頼れるところもなくてメンタルが落ちこんでいたから、と。なんとなく、強い不安感の裏側にある強情さもうかがえる。「私は間違っていない、ただ繊細なだけ」という主張。このパターンをどこかで見たと思ったら、小林麻耶さんの降板騒動だった。

小林麻耶にも通じる「繊細さ」を盾にするコミュニケーションの罠 不安感の強い人はSNSに翻弄される

 小林さんもYouTubeで、自分を傷つけた相手に仕返しをしたと話題になった。突然降板を告げられた、と番組スタッフを名指しで発表したのである。やはり批判するような言葉は使わず、終始笑顔。けれどもだからこそ、相手への怒りや軽蔑を強く感じさせるものだった。自身の知名度を十分に理解した上で、一般人に無言の圧力をかけるやり口。「繊細チンピラ」と称されたが、キンタロー。さんも今回このパターンに見えてしまったのではないだろうか。

 夫のブログによれば、娘さんがケガをした前日に散髪をしてあげたというキンタロー。さん。その際も、「髪を切りすぎたかも」と気を揉んでいたそうだ。キンタロー。さんは「頼れる人もいないから不安」と何度も書いている。夫とは不安を共有できないか、共有しても思うような反応が返ってこないのかもしれない。だからオンラインサロンよろしく、ファンに理解を求めた結果が騒ぎになったのだろう。ちなみに、夫はケガについての投稿はしていない。

 繊細な人、考えすぎると自覚がある人は、周りの言動や起きたことを悪く取りがちでもある。ただキンタロー。さんも、性格を見直したい思いはあったようだ。今年の1月に出たインタビュー記事では、「極限まで考えすぎることをやめた」「考えすぎずラクに生きていきたい」と宣言していた。

 けれどもキンタロー。さんが欲しかったのは、考えすぎない思考だったのか。本当に求め続けているのは、「あなたは悪くない」という言葉なのではと思う。ネット上で「私が繊細すぎるかな」「傷ついた」と言えば、即座に慰めの言葉を得るのはたやすい。有名人なら尚更だ。でも今回のように、言外の主張を読み取られて猛攻撃を受けることもある。特に極端な言葉が集まりやすいSNSでは、普段以上に気分のアップダウンも激しくなるだろう。今やタレントにとってSNS運用は不可欠というものの、小林さん含め、不安感が強い人はSNSに向いていないのではないだろうか。

 ちなみに本家・あっちゃんとは、まだ面識がないというキンタロー。さん。似た性格どうし、いい相談相手になれる気がする。今回は災難だったが、これを機に友情をフライングゲット!なんて展開があれば、少しは互いの不安感も薄まるかなと思うばかりだ。

冨士海ネコ