野村克也元監督が「背番号73」にこだわったワケ 【3・28には追悼試合】

スポーツ 野球 2021年3月19日掲載

  • ブックマーク

背番号に込めた野村氏の思い

 名将が神宮に帰ってくる――。ヤクルトが3月28日の阪神戦(神宮球場)で、2020年に亡くなった野村克也元監督(享年84)の追悼試合を開催する。当日は監督・コーチ・全選手が、野村氏が1990~98年の監督時代につけていた背番号「73」のユニフォームを着用し、試合に臨む。

 9年間の在任中、リーグ優勝4回、日本一3回という輝かしい成績を残した栄光の背番号「73」に込めた野村氏の思いは何か。生前に遺した下記の著書から紹介したい(引用は新潮社刊『野村克也の「人を動かす言葉」』より)。...

記事全文を読む