郵便局員が2億7千万円分の切手を横領 “荒稼ぎ”できる理由とは

国内 社会 週刊新潮 2021年3月4日号掲載

  • ブックマーク

 デスクにうずたかく積まれた会議の資料を、1枚ずつシュレッダーで細断するのは気が滅入る作業に違いない。だが、それが資料ではなく切手だったらどうか。郵便局で相次いだ“錬金術”のカラクリとは。

 ***...

記事全文を読む