夢に導かれ、生きる 魂となり逢える日まで(11)

国際

  • ブックマーク

 2021年2月13日の深夜11時17分。突然、ごごごごと地鳴りがした。

「身構えていると、がたがたと家を揺さぶる地震が起こった。いつもある震度3か4のやつか、すぐ収まると思っていたら、尋常でない音とともに家がきしみ、いろんなものが落ちたり倒れたりした。『うそだろう』、『またか』、『なんでまた、こんなことが』。10年前の記憶がよみがえり、心で叫んだ。茶の間で一緒にいた長女をしっかり抱き寄せ、『この娘だけは守りたい』と、ただそれだけを激しい揺れの中で考えていた」
...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。