「給与デジタル払い」がこじ開ける「金融村」の奥座敷

国際 Foresight 2021年3月3日掲載

  • ブックマーク

「デジタルマネーによる賃金支払い」(以下、給与のデジタル払い)解禁が急浮上している。厚生労働省が実現に向けて検討を進めているが、反面、解決すべき課題は多い。さらに、銀行業界は解禁に対して反発を強めている。給与のデジタル払いとはどのようなもので、どのような課題があるのか。

 2021年1月26日、『日本経済新聞』で「デジタルマネーによる賃金支払いが今春にも解禁される見込み」との報道がなされた。実は、給与のデジタル払いは2018年12月の国家戦略特別区域諮問会議で取り上げられたテーマだ。...

記事全文を読む