「春馬が亡くなった原因は…」 三浦春馬さん実母が語る“心の病”と事務所への不信感

エンタメ 週刊新潮 2021年2月25日号掲載

  • ブックマーク

「私と春馬は一心同体でした」

 30歳という若さで自ら命を絶った三浦春馬さん。悲劇から半年以上が経った今も、その理由は不確かなままだ。このたび、春馬さんの実母が春馬さんを苦しめていたという“心の病”と「所属事務所」をめぐる不信感について語った。

 ***

 彼女が訴えるのは、愛息の知られざる異変と所属事務所への不信感だった。

「私と春馬は、よその親子では考えられないくらい一心同体でした。たぶん、春馬も私がいない生活は考えられなかったと思うの。それなのに、あの子のことを周りの大人たちが囲ってしまい……。私と春馬の関係性を所属事務所は消したかったのよ。言いたいことは本当にたくさんあるの。でも言ったって春馬は帰ってこない。悔しくたって、悲しくたって、何したって息子は帰ってこない……」

 春馬さんは実母と数年にわたって音信不通だったと報じられているが、それについてはどう答えるか。

「本当に連絡が取れなくなったのは、5年ほど前からなの。理由は春馬の心身の状態がよくなかったのね。私や再婚相手の男性、そして所属事務所であるアミューズとの関係で揉めていたし、いろいろな悪いことが春馬の精神や体に重なっていった。タイミングが悪かったんだと思う。具合が悪くなったきっかけは、2014年に『僕のいた時間』っていうドラマに出演した際、役作りのために短い期間ですごく体重を落としたことだと思うの。10キロぐらい一気に減量したんです。その時の無理がたたって、酸素が脳に行き渡らなくなってしまい、一過性の鬱状態みたいになってしまったのよ」

「能面のようになって」

 たしかに春馬さんはこのドラマで筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患う若者の役を演じている。当時の彼は、運動して減量すると筋肉が目立ってしまうとの考えから、食事制限のみで自分を追い込んだというエピソードが残っている。

 そんな彼は、翌年に公開された映画「進撃の巨人」で主人公に抜擢されたが、症状は悪化の一途を辿っていたと実母が振り返る。

「撮影現場へはマネージャーだけのサポートでは入れなくて、春馬の友人たちに付き添われてなんとか撮影をこなしていました。本当にヘトヘトになって撮り終えた。その後はしばらくお休みを貰ってはいたみたいだけど、もう春馬は自分の頭では何も考えられなくなっていた。言われたことをまるで機械みたいにこなすようになってしまってね。本当に抜け殻のようになってしまったのよ。仕事以外では笑顔も消えて、能面のようになって……」

次ページ:「春馬が亡くなった原因は…」

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]