“ペンギン投法”の元ヤクルト安田猛さんが死去 田淵幸一との深すぎる因縁とは

スポーツ 野球 2021年2月22日掲載

  • ブックマーク

“王貞治キラー”

 1970年代から80年代にかけてヤクルトのエース左腕として活躍した安田猛さんが、73歳で亡くなった。2017年にステージ4のスキルス性胃がんであることが判明し、余命1年と宣告されたが、「気力で絶対に負けない」と、東京で抗がん剤治療を受ける合間を縫って、母校・小倉高で後輩たちの指導を続けていたという。...

記事全文を読む