朝日新聞の実売部数は今や350万部?新社長は創業以来の大赤字で前途多難の声

ビジネス 企業・業界 2021年2月18日掲載

  • ブックマーク

 朝日新聞は、2020年9月中間連結決算で419億円の赤字を計上した。主な原因は、新型コロナによる広告収入の激減と報じられた。その責任を取る形で4月1日付で、渡辺雅隆社長(61)が退任。先日、その後任に中村史郎副社長(57)が昇格することが発表された。新体制となる朝日新聞は、果たして苦境から脱することができるのか。

 ***...

記事全文を読む