伊勢丹に続き東急も撤退 タイで苦戦の「日系百貨店」と「ドンキ」の明暗

ビジネス 企業・業界 2021年2月5日掲載

  • ブックマーク

 1月31日をもって、タイ・バンコクの東急百貨店が閉店した。昨年8月末には、バンコク伊勢丹も営業を終了している。それぞれ1985年、92年にタイで開業した老舗百貨店である。なぜ、日系の百貨店はタイで苦戦するのか。流通アナリストの渡辺広明氏が取材した。

 ***...

記事全文を読む