新型コロナワクチン供給「メガファーマの知財権」は壁か、原動力か?

国際 Foresight 2021年2月17日掲載

  • ブックマーク

 アメリカ商務省の建物に、エイブラハム・リンカーンの言葉を記した石碑が掲げられている。奴隷制度に関するものではない。

「特許制度は天才という炎に利益という油を注ぐもの」

 第16代大統領に選出される前年、1859年2月に述べたという。リンカーンは、実は自らも特許を取得するほど、特許、つまり知的財産権に基づく発明の保護が産業振興に結びつくと確信していた。実際、アメリカは19世紀末以降、エジソンの蓄音機やベルの電話機など、天才たちによる知財権で守られた発明が工業発展の起爆剤となり、超大国へと進む。...

記事全文を読む