「GACKT」愛犬里親騒動 動物愛護家の杉本彩さんは「犬の気持ちを考えてほしい」

エンタメ 芸能 2021年2月16日掲載

  • ブックマーク

 GACKT(47)のYouTube動画が炎上している。2月10日にアップされた問題の動画は、飼い犬との死別に苦しむ知人夫妻に立ち直ってもらおうと、GACKTが自分の愛犬をプレゼントする企画だった。だが、ペットを飼った経験がない人でも、彼の行動に疑問を覚えるに違いない。“愛犬はプレゼントするものなのか?”。当然、ネット上でも「ペットはモノじゃない」と批判が殺到する騒ぎとなった。この騒動を、動物愛護家として知られる女優の杉本彩さん(52)はどう見たか――。

 ***

「GACKTから無理やり犬をもらったら、断れない」

 杉本さんの話に入る前に、まずは動画の内容を紹介しよう。

 動画は、2020年冬、大阪に来たというGACKTが車に乗っている場面から始まる。車中で彼が抱えているのは、飼い初めて5カ月経つという愛犬・フェンディだ。

「今日はですね、先日、僕のポーカーの師匠が悲しい顔して告白してきたんですが、十何年飼っていた愛犬が亡くなったそうで、奥さんが相当落ち込んでしまったそうなんですね。じゃあ、“新しい犬は飼わないんですか”と聞いたら、奥さんまだ立ち直っていないという話だったんですね」

 愛犬をあやしながらこう語り出すGACKT。「デイリー新潮」でも度々記事にしてきたが、GACKTは芸能界きってのポーカー好きで知られる。腕はプロ並みとされ、AbemaTVで「GACKTプロデュース!POKER×POKER〜業界タイマントーナメント」という冠番組を持っていたほどだ。彼の師匠である知人男性は同番組にも出演したことがあるほど親しい仲なのだが、ペットロスに苦しむ夫妻のために、GACKTは良いことを思いついたと明かすのである。

「GACKTから無理やり犬をもらったら……。だったら断れないし、立ち直るきっかけにならないか」

 知人が「嬉しい」と了承したので、大阪まで引き渡しにやってきたというのだ。

「もちろん、(愛犬と別れることは)寂しいって気持ちもあるんですが、かわいがってもらえればと。僕にとって大切な師匠なので、また新しい生活が始まってくれたら良いなという想いで……」

次ページ:美談に仕立てられた8分間の動画

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[1/5ページ]