失言の「森喜朗」、暴行の「原田泳幸元マック社長」が晩節を汚した根本的な原因は?

ビジネスマンのための「危機管理」講座 国内 社会 2021年2月16日掲載

  • ブックマーク

 日本マクドナルドやベネッセなど、日本を代表する企業の代表取締役を歴任した、原田泳幸氏(72)が逮捕された。容疑は妻への暴行である。これまでも経営を巡る失策が取り沙汰されてきた原田氏だが、どうやら今回は家庭内での危機管理を失敗したようだ。奇しくも、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)も「女性」を巡る失言で辞任に追い込まれたばかり。なぜ彼らは晩節を汚してしまったのか? 大企業の危機管理に携わる株式会社リスク・ヘッジの専門家たちに分析してもらおう。...

記事全文を読む