菅総理と自民党との間で軋轢、官邸も機能不全に 「ポスト菅」候補は

国内 政治 週刊新潮 2021年1月21日号掲載

  • ブックマーク

“初の女性総理”の可能性はあるのか

 日本列島に寒波が押し寄せるなか、永田町では「菅おろし」が猛威を振るい始めた。再びの緊急事態宣言に支持率の急落、党との軋轢、そして、官邸内に響く不協和音――。コロナ禍との戦いに劣勢を強いられる一方、菅義偉総理は政治家としての瀬戸際を迎えている。

 ***...

記事全文を読む