事故物件専門の「成仏不動産」 広がる利用者、幽霊を見た入居者は?

国内 社会 週刊新潮 2021年1月21日号掲載

  • ブックマーク

 自殺や事件があった住宅、いわゆる事故物件の売買や賃貸を専門に扱ったサイトがある。その名も「成仏不動産」。運営するのは不動産会社「MARKS」(横浜市)だ。同社の花原浩二社長が経緯を語るには、

「大学を出て大和ハウス工業に入社し、営業マンとして働きました。そのとき、新築は売れているのに空き家は増えていて、今後は造るだけではダメだという問題意識を持ったんです」...

記事全文を読む