「バイデン新政権」にのしかかる「民主政治の再生」と「中南米との関係再構築」

国際 Foresight 2021年1月23日掲載

  • ブックマーク

 ジョー・バイデン大統領の就任式は、厳戒態勢の下で行われる異例の事態となった。

 ドナルド・トランプという、分断した格差社会が生み出した異形のポピュリストが、反対派を敵として攻撃し、生んだ亀裂や傷跡はあまりにも深い。根拠なき言説を振りまくトランプを妄信する支持者が、国民の3分の1に上ると指摘される。

 バイデン民主党新政権は、「ベスト&ブライティスト」、伝統的エスタブリッシュメントの再登場とも映る。

 米国はこれまでも危機に際して復元力を示してきたが、「団結」を呼びかける新政権の下で、民主政治は再生へと向かえるのだろうか。...

記事全文を読む