「コロナで医療崩壊」に慈恵医大の名医が異論 病院にはまだ“余裕”がある!

国内 社会 週刊新潮 2021年1月21日号掲載

  • ブックマーク

人為的に設定された病床とICUの数

 2度目の緊急事態宣言が近畿圏にも拡大されることになった。理由は「医療崩壊」を防ぐため、である。だが、東京慈恵会医科大学で対コロナ院長特別補佐を務める大木隆生氏(58)は、こうした見方に真っ向から異を唱えるのだ。

 ***...

記事全文を読む