巨人の新外国人「スモーク」は遅咲きの男 専門家が日本での“打率と本塁打”を予測

スポーツ 野球 2021年1月13日掲載

  • ブックマーク

 巨人は2人目の新外国人として、メジャー通算196発のジャスティン・スモーク(34)と2年契約を結ぶことで合意した。推定年俸は300万ドル(約3億1500万円)。左投げのスイッチヒッターは、2017年にはブルージェイズで自己最多の38本塁打を記録している。日本一奪還を狙うジャイアンツの救世主となるか。

 ***...

記事全文を読む