コロナ、感染者ゼロで注目された岩手県 いまや死亡率ワースト1のなぜ 

国内 社会 2021年1月11日掲載

  • ブックマーク

 岩手県は、昨年7月下旬まで日本で唯一、新型コロナ感染者がゼロだったことで世間の注目を集めた。しかし7月29日に初の感染者を出し、11月からクラスターが発生。1月4日現在で感染者は394人(全国41位)。死者は24人となり、死亡率は6・1%で全国で最も高い。ちなみに東京の死亡率は1%。コロナ対応で優等生と言われた岩手県に何が起きているのか。

 ***...

記事全文を読む