柔道家「ヘーシンク」 日本を愛し、日本に敵視された悲哀(小林信也)

スポーツ 週刊新潮 2020年12月31日・2021年1月7日号掲載

  • ブックマーク

 胸に刺さって、抜けない言葉がある。

「これは日本が獲ったもうひとつの金メダルです」

 1964年東京五輪、柔道無差別級で優勝したアントン・ヘーシンク(オランダ)が試合後につぶやいた一言だ。...

記事全文を読む