キムタク「教場II」の不運 高評価なのに昨年の数字をなぜ上回らなかったのか

エンタメ 芸能 2021年1月9日掲載

  • ブックマーク

 笑顔を見せない木村拓哉(48)が帰ってきた。白髪、義眼の鬼教官・風間公親の「教場II」(フジテレビ)が2夜連続で放送された。1月3日、第1夜の視聴率は13・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯:以下同)と裏番組を圧倒。4日の第2夜も13・2%と上々の数字だった。もっとも、昨年放送された第1弾は2夜とも15%超(15・3%、15・0%)だった。なぜ昨年よりも数字は下がってしまったのか。

 ***...

記事全文を読む