保健所が厚労省に「2類指定を外して」 体制の見直しで医療逼迫は一気に解消へ

国内 社会 2020年12月27日

  • ブックマーク

「働いている人が減ったとは感じない」

 12月8日、全国保健所長会が厚労大臣宛てに「緊急提言」を送っている。新型コロナウイルスは現在指定感染症(2類相当以上)の扱いだが、これを緩めてほしいというものだ。メディアは保健所の逼迫を受けて「医療崩壊だ」「外出するな」と叫ぶが、本当に必要なことは指定感染症2類扱いの見直しではないのか。

 ***...

記事全文を読む