バイデンは親バカなのか 次男「ハンター」の酷すぎる行状は新政権の爆弾

国際 2020年12月20日掲載

  • ブックマーク

 米大統領選の選挙人投票が12月14日に行われ、民主党のジョー・バイデン前副大統領(78)が過半数を獲得し、当選が確定した。1月20日に第46代大統領に就任するが、早くもバイデン政権は長く続かないという声が出ている。次男のハンター氏(50)にまつわる、2つのスキャンダルが問題視されているからだ。

 ***...

記事全文を読む